ヘルスケア

チワワと暮らすために必要な予防接種と伝染病について学ぼう

犬の伝染病は、一度感染すると治療の難しい病気も少なくありません。また、たとえ治療をしても病気によっては後遺症が残ってしまうものもあります。これらは、チワワも例外ではありません。

愛犬と少しでも長く一緒にいたいですよね。
チワワをこれから迎えようと思っている方はもちろん、今、チワワと一緒に暮らしている愛犬家のみなさんも愛犬に必要な予防接種と伝染病について一緒に勉強していきましょう。

予防接種と予防の薬

大切な愛犬を命の危機に追いやる伝染病を予防するために予防接種の種類や料金の目安について理解しておくことが重要です。

予防接種・予防薬の種類 狂犬病予防接種
接種・投薬の時期 生後3ヶ月で1回、以後は、毎年4月に年1回
料金の目安 初回は畜犬登録料込みで7,000円前後。2回目以降は、4,000円前後。
予防接種・予防薬の種類 混合ワクチン接種(3~9種の混合がある)
接種・投薬の時期 生後50日前後に1回。その後,3~4週間隔で1回以上、以後、年1回。
料金の目安 5,000~10,000円。9種混合の場合、さらに高い場合もある。
予防接種・予防薬の種類 フィラリア予防薬
接種・投薬の時期 毎年、4月頃~12月頃(地域によって異なる)。
料金の目安 1回分1,500円~、犬の体重、薬のタイプにより異なる。

予防接種やワクチンで防げる主な伝染病

狂犬病

感染経路:観戦した犬の唾液、噛まれた傷口から
予防対策:年1回の狂犬病予防接種が義務づけられている
【特徴】
中枢神経に作用して、全身の感覚を麻痺させるとともに、凶暴化する急性致死性の伝染病。潜伏期間を経て発病すると3~4日でほぼ100%死に至ります。日本では1957年以降発生していませんが、世界的に見ると減少しているわけではありません。よだれ、凶暴化、フラフラ歩くなどの症状が見られます。人間にも感染します。

犬ジステンバー

感染経路:くしゃみなどの空気感染、鼻水、唾液、排泄物から経口感染
予防対策:動物病院で混合ワクチンを接種
【特徴】
空気感染し、致死率も高いウイルス性の病気です。月齢の低い幼犬に発病することが多く、初期段階では高熱や激しい咳、下痢などの症状が見られ、進行すると痙攣などの神経症状が出て死に至ります。たとえ治っても神経系統に後遺症が残ることがあります。

犬伝染性肝炎

感染経路:排泄物を通して経口感染
予防対策:動物病院で混合ワクチンを接種
【特徴】
他のウイスル性伝染病との合併で発病することも多く、成犬よりも幼犬に多い病気です。高熱や食欲低下、下痢、嘔吐、腹痛などの症状が見られ、症状が激しい場合には突然死に至ることもあります。

犬パルボウイルス感染症

感染経路:排泄物を通して経口、経鼻感染
予防対策:動物病院で混合ワクチンか単体ワクチンを接種
【特徴】
心筋型と陽炎型の2種があります。心筋型は、呼吸困難に陥って死に至り、陽炎型は、激しい嘔吐や下痢、血便、脱水症状を繰り返す傾向にあります。どちらも、致死率が高く突然死に至ることから「コロリ病」などと呼ばれていた時代もありました。

犬レプトスピラ症

感染経路:ネズミによる媒介、汚染された川水、」下水によっても感染
予防対策:動物病院で混合ワクチン接種
【特徴】
レプトスピラ菌という細菌によって腎臓や肝臓が冒される病気です。酷い嘔吐や下痢が続き、悪化すると下痢便に血液が混じり、やがて腎不全から尿毒症を起こして死に至ります。人畜共通の伝染病です。

犬パラインフルエンザ

感染経路:咳やくしゃみによる空気感染
予防対策:動物病院で混合ワクチンを接種
【特徴】
単独ではなく、アデノウィルスなどの他の様々な細菌やウイルスと合併して起こる病気です。症状としては、激しい咳、鼻水、発熱、下痢などが見られます。気管支炎や肺炎を併発する可能性もあります。

フィラリア

感染経路:蚊を媒介として感染
予防対策:動物病院で投薬前に血液検査を受けて予防薬を内服
【特徴】
そうめん状の細長い寄生虫が、血管や肺、心臓に寄生して体内でみるみる増殖する病気です。初期は、軽い咳や血尿などの症状が見られますが、進行すると心不全や腹水などの全身症状に変わり、死に至ります。

チワワの愛犬家として必要な知識を身に付けつけましょう!

ここで紹介した病気が全てではありません。また、既に発病した犬に噛まれることで感染する場合や、犬のフンから感染するもの、また、ノミやダニなどの虫が原因となる皮膚病が犬から人に感染することもあります。

犬を迎えるということは自分の愛犬や自分のように犬を愛する者の気持ちを考える責任があります。予防接種で防げる伝染病も沢山ありますので飼い主としてキチンと予防接種を受けさせてあげましょう。

チワワプレスでは、愛犬家とチワワの生活がより楽しく、ハッピーになるための情報や可愛いお写真などをアップしていきますのでお楽しみに♪

Related post

  1. チワワに多くみられる病気とケガ 目のトラブルとは
  2. チワワの多くみられる病気とケガ 気管・呼吸器系のトラブル
  3. ご存じですか?低気圧がもたらすチワワの不調について
  4. チワワがストレス性の病気になったおはなし
  5. チワワに多くみられる病気とケガ 心臓のトラブル
  6. Seniorinjury チワワのシニア犬に多い怪我についてのレポート
  7. 教えて!チワワの防寒対策。留守番時の寒さ対策とは?
  8. sinia 知っておきたい!チワワシニア犬が気をつけたい病気(生活編)

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

PAGE TOP